ベストミステリ3冠・デイヴィッド・ゴードン「二流小説家」を映画化、主演は上川隆也

2013年01月25日

130125_012010年にアメリカで発表され、、昨年日本のミステリー界を席巻したデイヴィッド・ゴードン原作の推理小説「二流小説家」が日本で映画化されることが決まったそうです。 主演には人気俳優の上川隆也氏の起用も決定していて、東映の配給で2013年6月の公開予定とのことです。 「二流小説家」は2010年の発表で、2011年度のアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞、いわゆるエドガー賞の最優秀新人賞にノミネートされ、日本国内では早川書房からハヤカワポケミスミステリで発売されていて、 宝島社「このミステリーがすごい!」の2012年海外編1位 週刊文春「ミステリーベスト10」の2011年海外部門1位 早川書房「ミステリが読みたい!」2012年海外編1位 と国内の主要なベストミステリのアンケートで初の三冠を獲得したことで話題になりました。そして絶妙なタイミングですが、本日1月25日には早川書房から文庫版も発売されています。 原作ではニューヨークであった舞台は日本へと移され、脚本チームに「臨場 劇場版」の尾西兼一氏や「しあわせのパン」の三島有紀子氏が参加しているとのことで、原作には多少のアレンジが加わりそうな感じです。 ちなみに上川隆也氏は本作が映画初主演とのことですが、「小説を読了して本を閉じたとき、これを原作とした作品が、自分の初主演映画になるのだと、身の震える思いがしました」と述べ、「原作の“海外ミステリー初の三冠”に負けない、“一流のエンターテインメント”として映画もお届け出来る様に、全力で取り組みたいと思います」と意気込みも十分とのことです。 個人的にも上川氏は大好きな俳優の一人なので、すばらしい作品になるよう期待して待ちたいと思います。 http://www.cinemacafe.net/article/2013/01/24/15114.html

この記事へのトラックバックURL

https://www.aga-search.com/release_w/2013/01/25/%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%aa%ef%bc%93%e5%86%a0%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%b3%e3%80%8c/trackback/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事


TOPへ

最近チェックしたページ

check