映画「シャーロック・ホームズ」(2009)

2010年04月4日

映画シャーロック・ホームズ

【製作年】
2009年
【製作国】
イギリス
【配給】
ワーナー・ブラザース映画
【監督】
ガイ・リッチー
【出演】
ロバート・ダウニー・Jr(シャーロック・ホームズ)

ジュード・ロウ(ジョン・ワトスン)

レイチェル・マクアダムス(アイリーン・アドラー)

マーク・ストロング(ブラックウッド卿)

ケリー・ライリー(メアリー・ワトスン)

エディ・マーサン(レストレード警部)

【公式サイト】
http://wwws.warnerbros.co.jp/sherlock/
【あらすじ】
世界最高の頭脳に─最大のライバル出現

産業革命により科学や工業が近代的な発展を遂げていた19世紀末のロンドン、オカルトじみた手口で若い女性ばかりを狙う連続殺人事件が発生するが、名探偵シャーロック・ホームズはたちまち犯人を突き止め、邪悪な黒魔術を操るブラックウッド卿を捕まえる

ところが処刑されても自分は必ず復活するとホームズに予言したブラックウッド卿は、その予言どおり死刑執行後に墓場から甦るのだった。

これは本当に黒魔術の力によるものなのか…前代未聞の出来事に人々が混乱と恐怖におののく中、ホームズは相棒のワトスン博士とともに国を乗っ取ろうとするブラックウッド卿の陰謀に敢然と立ち向かっていく。

【感想】
アーサー・コナン・ドイルが生み出した世界一有名な名探偵シャーロック・ホームズはこれまで何度となく映像化されきましたが、今回はドイルの原作にはない完全なオリジナル作品です。

個人的には実に斬新かつ今までに見たことのないホームズ像で、こういうのもアリなのではと感心させられました。
見る前は原作の知的な紳士のホームズのイメージを損ねていないか不安もあったのですが、それを吹き飛ばすぐらいのエネルギーを作品から感じました。

ホームズがとにかくエネルギッシュかつアクティブな印象、もちろんカッコいいのですが、それだけでなくお茶目でユーモアな部分があり、ただカッコいいだけではないのがイイです。またワトスンを取られたくないあまりワトスンの結婚相手に嫉妬する設定もかなり斬新でした。

そして目からウロコだったのがワトスン。とにかくジュード・ロウのワトスンはカッコ良くてシビれました。
ホームズとワトスンというとホームズカッコ良すぎ、ワトスンはどちらかというと愚か者でその引き立て役というのが定番ですが、今回はワトスンがただの引き立て役ではなくお互いがお互いを尊敬し合っていて、どちらもカッコよく、かつユーモアセンスがあって、コンビとしての息もピッタリだったと思います。二人のやり取りを見ているだけでも面白かったですね。

他にレストレイド警部、ハドスン夫人といった面々も登場したのですが、こちらは普段のキャラそのままだったように思えました。
ちなみにアイリーン・アドラーについては原作ではそんなに出てきている訳ではないのですが、今回重要な役割を果たしていて必見です。また個人的にはワトスンの犬もいいアクセントになっていたと思います。

とにかく息づかいまで聞こえてきそうなキャラクターが魅力的、ユーモアたっぷりで開始間もなくで登場人物たちが好きになってしまいました。何度となく吹き出しそうになるぐらい笑ったのは久しぶりです。

そしてアクション映画としても一級品、格闘シーンだけでなく爆破や物の動き一つ一つに迫力を感じました。とにかくテンポが良く見ていて飽きなかったです。

また情景描写や舞台設定の美しさも半端ではなく、その一方で汚れた部分は徹底的に汚れていて、衣装もリアリティがあります。
19世紀末の産業革命期のロンドンがまるでその場にいるかのように克明に描かれている、そんな感じにさせられる映像美でした。

ミステリー要素もそれなりにあるのですが、最後の謎解きはちょっとテンポが良すぎでしたでしょうか。トリックなどはだいたいは理解できたのですが、カメラワークというか画面の切り替え、セリフが早く、字幕だとすべてを理解するのはちょっときついかもしれません。

今までの映像作品にはない斬新な部分も多いため賛否については意見も分かれそうですが、少なくとも原作に対するリスペクトは感じられましたし、バリツと呼ばれる柔術が得意なホームズを前面に出した作品なのかなと思っています。

今回は本国イギリスで連載されたというコミック作品が元で原作にはない、オリジナル作品になっているので、これはこれとして存分に楽しむことが個人的にはできましたし、次回作があるなら是非見たいと思いました。
実に愉快な時間を過ごせました。(2010/4/4 20:45より鑑賞)

この記事へのトラックバックURL

https://www.aga-search.com/2010/04/04/%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8c%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%ba%e3%80%8d%ef%bc%882009%ef%bc%89/trackback/


TOPへ

最近チェックしたページ

check