鉄道&時刻表ミステリーの名手

JPN 西村京太郎
(Kyotaro Nishimura)

天使の傷痕icon
「天使の傷痕」
(1965年)
(講談社)

 鉄道を舞台にしたトラベル・ミステリーの名手として知られる、国内を代表するミステリー作家。戦前の東京都内で生まれ、少年時代から江戸川乱歩や甲賀三郎などの国内ミステリに親しんでいたといいます。

 東京府立電気工業学校から陸軍幼年学校に進むも、間もなく終戦を迎え都立電気工業学校に復学。1949年に卒業の後は人事院で11年間の公務員生活を送ります。

 執筆活動を開始したのはこの公務員生活の最中で、まず1956年に講談社の長編探偵小説募集に「三〇一号車」を本名で応募して候補作に上がり、、翌1957年には初めて西村京太郎名義を用いて「二つの鍵」で応募し、二次予選を通過しました。ちなみに「西村」は尊敬する先輩の名字で、「京太郎」は東京生まれの長男という意味でつけられたペンネームなのだそうです。

 1960年になると人事院を退職し、その後は運転手や私立探偵、警備員からセールスマンまで数々の職業を転々としながら懸賞小説を書く毎日を送り、同年第6回乱歩賞に黒川俊介名義で応募した「醜聞」が最終候補作にまで残ります。

終着駅殺人事件icon
「終着駅殺人事件」
(1980年)
(光文社)

 その後61年2月の宝石増刊に短編「黒の記憶」、62年には第5回双葉新人賞に「病める心」で1席なしの2席に入選し、双葉社発行の雑誌に短編数編を発表するなど、確実にキャリアを積み上げていきます。

 そして1963年に短編「歪んだ朝」で第2回オール讀物推理小説新人賞を受賞すると、翌64年には念願のデビュー長編となる「四つの終止符」を文藝春秋より刊行、更に65年には長編「事件の核心(のち「天使の傷痕」と改題)」で第11回の江戸川乱歩賞を受賞し、作家としての地位を確立したのです。

 その後しばらくは社会派小説、スパイ小説、誘拐小説、近未来小説から「名探偵なんか怖くない」をはじめとする名探偵たちのパロディ小説まで、幅広いジャンルの作品を発表し、70年代に入ると今度は海や船を舞台にした作品を数多く発表するようになります。

 このうち1973年に発表した長編「赤い帆船」には後に著者の代表的なシリーズキャラクターとなった十津川警部が初登場し、当初は海難事故専門の刑事としてその後も数作の長編で活躍します。

名探偵なんか怖くないicon
「名探偵なんか怖くない」
(1971年)
(講談社)

 その一方で1976年にはもう一人の代表的キャラクターの探偵左文字が「消えた巨人軍」に初登場を果たしていますが、それと並行して1978年には十津川警部を主人公に初の鉄道ものとなる「寝台特急(ブルートレイン)殺人事件」を発表します。

 そしてこれが折からの鉄道ブームと相まって空前のトラベル・ミステリー・ブームを巻き起こすと、以後はこの鉄道ミステリを中心に作品を発表するようになり、驚異的なペースで毎月のように作品が刊行。売上げも2億部を超え、高額納税者リストの上位の常連となるほどの売れっ子作家となったのでした。

 十津川警部シリーズは現在長編と短編集を合わせて300冊以上が刊行されていて、ドラマ化もされて2時間サスペンスドラマの定番作品として現在も放映され続けています。その中でも代表作といえるのは1980年に発表された「終着駅(ターミナル)殺人事件」で、この作品で著者は第34回の日本推理作家協会賞を受賞しています。

 また同時代に京都を舞台にした作品で人気を集めた、女流ミステリー作家の山村美紗とは家族ぐるみの付き合いだったらしく、彼女の娘で女優の山村紅葉は西村京太郎原作のドラマに多数出演しています。その他に1996年に山村美紗が急逝した際には未完となった作品を補筆したりもしています。


■作家ファイル■

本名
矢島喜八郎
出身地
東京都荏原区小山町(現・品川区小山)
学歴
東京府立電機工業学校(現・東京都立工業高等専門学校)卒業
生没
1930年9月6日〜
作家としての経歴
1963
短編「歪んだ朝」で第2回オール讀物推理小説新人賞を受賞
1964
デビュー長編となる「四つの終止符」を発表
1965
長編「天使の傷痕」で第11回江戸川乱歩賞を受賞
1973
十津川警部シリーズ第1作となる長編「赤い帆船(クルーザー)」を発表
1978
トラベル・ミステリー第1作となる長編「寝台特急(ブルートレイン)殺人事件」を発表
1981
十津川警部シリーズの長編「終着駅(ターミナル)殺人事件」で第34回日本推理作家協会賞を受賞
1997
第6回日本文芸家クラブ大賞特別賞を受賞
2001
神奈川県湯河原町に「西村京太郎記念館」がオープン
2004
テレビ朝日系列で放映の土曜ワイド劇場内の十津川警部シリーズで第28回エランドール賞特別賞を受賞
第8回日本ミステリー文学大賞を受賞
シリーズ探偵
警視庁捜査一課・十津川省三警部
探偵・左文字進
代表作
「終着駅殺人事件」
「天使の傷痕」「名探偵なんか怖くない」

■関連リンク■

1 西村京太郎公式サイト

2 美術館・記念館「西村京太郎記念館」


■著作リスト■

1 十津川省三警部登場作品リスト

2 探偵・左文字進登場作品リスト

【長編】

No. 事件名 発表年 出版 備考
1 消えた巨人軍(ジャイアンツ) 1976 徳間文庫(新版)('00)
徳間文庫('80)
徳間ノベルズ
2 華麗なる誘拐 1977 徳間文庫(新版)('00)
講談社文庫('95)
徳間ノベルズ(新装版)('04)
講談社 西村京太郎長編推理選集9('87)
徳間文庫('82)
徳間ノベルズ
3 ゼロ計画を阻止せよ
(ゼロプラン)
徳間文庫(新版)('00)
徳間文庫('83)
徳間ノベルズ
4 盗まれた都市 1978 徳間文庫(新版)('01)
徳間文庫('82)
徳間ノベルズ
5 黄金番組殺人事件
(ゴールデンアワー)
1979 徳間文庫(新版)('02)
徳間文庫('83)
徳間ノベルズ
6 失踪 2003 中公文庫('07)
小学館文庫('05)
小学館 文芸ポストノベルズ
7 兇悪な街 2004 小学館文庫('06)
小学館 文芸ポストノベルズ

【短編】

No. 事件名 発表年 出版 備考
1 トンネルに消えた… 1978 角川文庫「トンネルに消えた…」('88)
廣済堂文庫「トンネルに消えた…」('87)
廣済堂ブルーブックス「トンネルに消えた…」('85)
2 三人目の女 2000 中公文庫「十津川警部『ある女への挽歌』」('06)
小学館文庫「十津川警部『ある女への挽歌』」('03)
小学館「十津川警部『ある女への挽歌』」('01)
3 依頼人は死者 2001 中公文庫「十津川警部『ある女への挽歌』」('06)
小学館文庫「十津川警部『ある女への挽歌』」('03)
小学館「十津川警部『ある女への挽歌』」('01)

3 その他の作品

【長編】

No. 事件名 発表年 出版 備考
1 四つの終止符 1964 講談社文庫('81)
講談社 西村京太郎長編推理選集1('87)
サンポウ・ノベルス('73)
春陽文庫('70)
文芸春秋新社 ポケット文春
デビュー長編
2 天使の傷痕
(事件の核心)
1965 講談社文庫 江戸川乱歩賞全集6('99)
講談社 西村京太郎長編推理選集1('87)
講談社文庫('83)
講談社 ロマン・ブックス('75)
春陽文庫('71)
講談社
第11回江戸川乱歩賞
3 D機関情報 1966 講談社文庫('78)
講談社 西村京太郎長編推理選集3('87)
春陽文庫('71)
講談社
4 太陽と砂 1967 講談社文庫('86)
講談社ノベルス('02)
講談社 西村京太郎長編推理選集7('88)
春陽文庫('71)
講談社
5 21世紀のブルース
(おお21世紀)
1969 角川文庫('86)
春陽堂書店 サン・ポケット・ブックス
6 ある朝 海に 1971 光文社文庫('98)
講談社文庫('80)
講談社 西村京太郎長編推理選集2('87)
光文社カッパ・ノベルス
7 名探偵なんか怖くない 講談社文庫(新版)('06)
講談社 西村京太郎長編推理選集4('87)
講談社文庫('77)
講談社 ロマン・ブックス('73)
講談社 乱歩賞作家書下しシリーズ
8 脱出 講談社文庫('81)
講談社 西村京太郎長編推理選集2('87)
廣済堂ブルーブックス('77)
光文社カッパ・ノベルス
9 悪への招待
(悪の座標)
徳間文庫(新装版)('03)
徳間文庫(上下)('97)
講談社文庫('83)
講談社
10 汚染海域 徳間文庫(新装版)('07)
徳間ノベルズ('97)
廣済堂文庫('95)
徳間文庫('82)
廣済堂ブルーブックス('77)
毎日新聞社
11 殺しの双曲線 講談社文庫('79)
実業之日本社ジョイノベルス(新装版)('04)
講談社 西村京太郎長編推理選集5('87)
実業之日本社ジョイノベルス(新装改版)('77)
実業之日本社 ホリディー・フィクション
12 マンション殺人 徳間文庫(新装版)('05)
徳間ノベルズ('95)
徳間文庫('83)
青樹社
13 殺意の設計 1972 廣済堂文庫('94)
角川文庫('88)
ぶんか社 文華新書('78)
廣済堂ブルーブックス('76)
弘済出版社 こだまブック
14 ハイビスカス殺人事件 徳間文庫('93)
徳間ノベルズ('98)
講談社文庫('84)
サンケイノベルス
15 名探偵が多すぎる 講談社文庫('80)
講談社
16 伊豆七島殺人事件 光文社文庫('85)
光文社カッパ・ノベルス
17 鬼女面殺人事件 1973 徳間文庫(新装版)('11)
廣済堂文庫('04)
青樹社文庫('01)
徳間ノベルズ('96)
飛天文庫('95)
講談社 西村京太郎長編推理選集6('87)
徳間文庫('81)
ぶんか社 文華新書('77)
マイニチ・ミステリー・ブックス
18 殺人者はオーロラを見た 徳間文庫(新装版)('06)
徳間ノベルズ('97)
講談社文庫('93)
徳間文庫('82)
サンケイノベルス
19 名探偵も楽じゃない 講談社文庫('82)
講談社 ロマン・ブックス('75)
講談社
20 おれたちはブルースしか歌わない 1975 講談社文庫('82)
講談社ノベルス('02)
講談社
21 幻奇島 徳間文庫(新装版)('04)
双葉文庫('97)
徳間ノベルズ('95)
講談社 西村京太郎長編推理選集6('87)
徳間文庫('82)
毎日新聞社
22 聖夜に死を 徳間文庫(新装版)('03)
徳間ノベルス(新装版)('96)
徳間文庫('82)
徳間ノベルス
23 名探偵に乾杯 1976 講談社文庫('83)
講談社 西村京太郎長編推理選集4('87)
講談社
24 血ぞめの試走車(テストカー)
(東から来た男)
徳間文庫(新装版)('03)
向陽ノベルス('00)
徳間文庫(上下)('94)
ぶんか社 文華新書('85)
集英社文庫('81)
25 現金強奪計画(ダービーを狙え) 1978 双葉文庫('97)
角川文庫('92)
集英社文庫('81)
26 真夜中の構図 1979 角川文庫('10)
集英社文庫('83)
集英社
27 けものたちの祝宴 1980 徳間文庫(新装版)('04)
徳間文庫('84)
徳間ノベルズ
28 原子力船むつ消失事件 1981 角川文庫('84)
カドカワノベルズ
29 消えたエース 1982 角川文庫('82)
角川書店
30 無明剣、走る 1982 祥伝社文庫('05)
角川文庫('84)
角川書店
時代小説
31 神話列車殺人事件 1983 徳間文庫('00)
実業之日本社ジョイノベルス(新装版)('05)
光文社文庫('87)
実業之日本社ジョイノベルス('83)
32 夜の探偵 集英社文庫(新装版)('11)
集英社文庫('85)
集英社
33 日本シリーズ殺人事件 1984 講談社文庫('86)
講談社ノベルス
34 富士山麓殺人事件
(仮想の時代)
1985 光文社カッパ・ノベルス
35 浅草偏奇館の殺人 1996 文春文庫('00)
文藝春秋(軽装版)('98)
文藝春秋
36 在原業平殺人事件 1997 角川文庫('03)
中公文庫('99)
中央公論新社Cノベルス
山村美紗の未完の遺作を補筆完成させたもの
37 女流作家 2000 朝日文庫('02)
朝日新聞社
38 焦げた密室 2001 幻冬社文庫('03)
幻冬舎ノベルス
「殺人の喜劇」を加筆修正したもの
39 華の棺 2006 朝日文庫('09)
朝日新聞社
没後10年となった山村美紗に捧げる長編

【短編集】

No. 事件名 発表年 出版 備考
1 南神威島 1969 講談社文庫('92) 自費出版
全5編
2 カードの城 1978 新評社
3 一千万人誘拐計画
─十津川警部の賭け
1979 角川文庫('83)
立風ノベルス('90)
立風書房
十津川警部2編他
全5編
4 11の迷路 講談社 十津川警部2編他
全11編
5 消えたドライバー 1981 廣済堂文庫('90)
角川文庫('83)
廣済堂ブルーブックス
全3編
6 日本殺人ルート 廣済堂文庫('86)
角川文庫('84)
徳間ノベルズ('97)
廣済堂ブルーブックス
全8編
7 死者に捧げる殺人 1982 集英社文庫('97)
双葉文庫('94)
双葉ポケット文庫('83)
双葉ノベルズ
十津川警部4編他
全9編
8 イレブン殺人事件 角川文庫('86)
実業之日本社ジョイノベルス
十津川警部1編他
全11編
9 行先のない切符 1983 徳間文庫('99)
双葉文庫('86)
双葉ノベルズ
十津川警部1編他
全8編
10 都電荒川線殺人事件
─旅と恋と殺人と
1984 光文社文庫('88)
読売新聞社
11 変身願望 1985 講談社文庫 十津川警部2編他
全9編
12 午後の脅迫者 講談社文庫('85)
講談社ノベルス('02)
13 第二の標的 光文社文庫 十津川警部1編他
全5編
14 トンネルに消えた… 角川文庫('88)
廣済堂文庫('87)
廣済堂ブルーブックス
左文字1編他
全8編
15 怖ろしい夜 1986 廣済堂文庫('87)
角川文庫
16 殺しのインターチェンジ 角川文庫('87)
廣済堂文庫
17 夜の終り 角川文庫 十津川警部1編他
全3編
18 マウンドの死 光文社文庫
19 夜ごと死の匂いが 1987 廣済堂文庫('92)
角川文庫
十津川警部3編他
全7編
20 環状線に消えた女 集英社文庫('97)
中公文庫('89)
中央公論新社Cノベルス
21 目撃者を消せ 廣済堂文庫('88)
角川文庫
22 ナイター殺人事件 光文社文庫
23 殺人はサヨナラ列車で 1988 講談社文庫('02)
光文社文庫
24 特急「あさしお3号」殺人事件 新潮文庫('91)
大活字文庫1〜3('04)
光文社カッパ・ノベルス('90)
新潮社
十津川警部1編他
全4編
25 死への招待状 1989 角川文庫
26 悪女の舞踏会 1990 角川文庫
27 夜の脅迫者 1991 角川文庫
28 完全殺人 1992 角川文庫
29 会津若松からの死の便り 徳間文庫('95)
徳間ノベルズ
十津川警部3編他
全6編
30 危険な殺人者 1993 角川文庫
31 雨の中に死ぬ 1995 角川文庫
32 秘めたる殺人 1997 双葉文庫('00)
双葉ノベルズ('98)
双葉社
33 海辺の悲劇 双葉文庫('01)
双葉ノベルズ('98)
双葉社
34 夜が待っている 1998 角川文庫 初期作品短編集
35 失踪計画 角川文庫 初期作品短編集
36 冬休みの誘拐、夏休みの殺人 小学館文庫('04)
中公文庫('01)
中央公論新社Cノベルス
37 私を殺しに来た男 1999 角川文庫 十津川警部1編他
全10編の初期作品短編集
38 狙われた男
─秋葉京介探偵事務所
2000 徳間文庫('02)
徳間ノベルズ
39 華やかな殺意
―西村京太郎自選集1
徳間文庫('04)
徳間ノベルズ
全5編
40 麗しき疑惑
―西村京太郎自選集2
徳間文庫('04)
徳間ノベルズ
十津川警部1編他
全4編
41 空白の時刻表
―西村京太郎自選集3
2001 徳間文庫('04)
徳間ノベルズ
十津川警部4編他
全6編
42 歪んだ朝 角川文庫 初期作品短編集
43 日本列島殺意の旅
―西村京太郎自選集4
2002 徳間文庫('04)
徳間ノベルズ
十津川警部4編他
全5編
44 薔薇の殺人 双葉文庫('04)
双葉ノベルズ
45 天下を狙う 2003 角川文庫 時代小説集
46 三年目の真実 双葉文庫('05)
双葉ノベルズ
47 誘拐の季節 2004 双葉ノベルズ 失踪がテーマ
全6編
48 脅迫者 2005 双葉ノベルズ 裏切りがテーマ
全8編
49 危険な遊び 2006 双葉ノベルズ 家族がテーマ
全6編
50 歪んだ顔 2007 双葉ノベルズ 真実がテーマ
全9編
51 隣り合わせの殺意 2010 徳間文庫('11)
徳間ノベルズ
全8編+エッセイ
52 幻想の夏 徳間ノベルズ 全6編

Loading

TOPへ

Powered by Google