戯曲と短編小説の分野で業績を残したロシアの文豪

RUS アントン・チェーホフ
(Anton Pavlovich Chekhov)

チェーホフ全集15
「チェーホフ全集 全16巻」
(1960-1961年)
(中央公論社)

 「戦争と平和」で有名なレフ・トルストイや「罪と罰」などで知られるフョードル・ドストエフスキーと並ぶロシアの文豪で、ユーモアと諷刺に富んだ短編小説と、「桜の園」を筆頭とする数多くの戯曲を発表し、大きな業績を残しました。

 南ロシアの港町タガンローグで食糧雑貨商を営む両親の下に6人兄弟の3人目として生まれます。元々祖父が農奴出身で1841年に一家の自由を買い取り、社会的地位の向上を目指して苦労を重ねてきた家柄でしたが、チェーホフの少年時代にあえなく父親が破産。再起を図るために中学在学中の彼を残して一家はモスクワに移住してしまいます。そのためチェーホフは人手に渡った家に家庭教師として働きながら中学卒業までの3年間を何とか乗り切らなければなりませんでした。

 1879年にモスクワ大学の医学部に入学すると再び家族と一緒に暮らすことができるようになりますが、相変わらず一家の生活は苦しい状態が続いていました。そんな苦しい一家の家計を支えていこうとチェーホフは文筆活動を始めることを決心し、当時は低俗とされたユーモア雑誌に軽妙な短編を数多く寄稿するようになります。その数は1880年3月を皮切りに1885年までに129編に達していたといいます。

スミルノ博士の日記/狩場の悲劇
「狩場の悲劇」
(1884年)
(東都書房)

 そして1884年半ばにはそれらのうち6編を集めた作品集「メリポメナ物語」を自費出版しています。なおこの時期の短編小説の大半は”アントーシャ・チェホンテ”のペンネームで発表されていたそうです。

 同じ1884年の夏には大学も無事卒業し、モスクワ県のヴォスクレセンスクに医者として赴任します。そしてこの頃になって時間の余裕もでき、また1880年代初頭のモスクワの新聞では当時探偵小説や犯罪小説を盛んに掲載していたことにも影響され、1884年の8月4日から翌年の4月25日まで〈一日のニュース〉紙に探偵小説の長編「狩場の悲劇」を連載します。

 ちなみにチェーホフのミステリにはこの他に短編小説の「安全マッチ」という作品があり、これはちょうど「狩場の悲劇」を連載していた1884年の冬に〈とんぼ〉という雑誌の年鑑に発表したもので、日本では江戸川乱歩が編纂した東京創元社のアンソロジー「世界短編傑作集」にも取り上げられています。

 それから2年後の1886年に発表した「雑話集」で評判を勝ち取ると医師の仕事を減らして執筆活動を優先するようになり、同年の秋に発表した「途上」で大成功を収めたことで、翌1887年2月には著名な作家のみに与えられる文学基金を授けられます。

かわいい女・犬を連れた奥さん
「かわいい女・犬を連れた奥さん」
(1970年)
(新潮社)

 こうして経済的な不安が徐々に解消されていくと同時に、作家としての地位を揺るぎないものとしますが、同じ頃戯曲も本格的に手掛けるようになり、同年11月には最初の戯曲「イワーノフ」がモスクワのコルシュ座で初めて上演されています。

 その後も持病の結核を患いながらも1904年に肺結核で他界するまでに数多くの短編や戯曲を手掛け、中でも晩年に発表した「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」、そして「桜の園」の4作品はとりわけ高い評価を受け、現在でも世界中で上演され続けるなど彼の名声を決定的なものにしています。


■作家ファイル■

出身地
ロシア、南ロシアの港町タガンローグ
学歴
モスクワ大学医学部卒
生没
1860年1月29日〜1904年7月15日(44歳、肺結核で)
作家としての経歴
1880
この年の3月、〈とんぼ〉誌の第10号に「隣りの学者への手紙」が掲載され、彼の作品が初めて活字となる
1884
ユーモア短編6編を収めた「メリポメナ物語」を自費出版
1884
8月4日から翌年の4月25日まで〈一日のニュース〉紙に探偵小説の長編「狩場の悲劇」を連載
1884
冬に〈とんぼ〉誌の年鑑にミステリ短編小説「安全マッチ」を発表
1886
この年の夏に作品集「雑話集」が出版され、この本の扉に初めて彼の本名がペンネームとともに併記されるようになる。同年秋に発表した「途上」とともに大成功を収める
1887
2月著名な作家のみに与えられる文学基金を授けられる
1887
8月に短編集の「たそがれに」が刊行される
1887
11月に最初の戯曲「イワーノフ」がモスクワのコルシュ座で初めて上演される(1889年に改作)
1888
初めての長編「曠野」が刊行される
1888
10月、作品集「たそがれに」で科学アカデミーのプーシキン賞を受賞
1889
短編集「子供たち」を刊行
1890
3月、チェーホフの7冊目の短編集が「陰気な人々」と題して出版される
1890
4月末、当時は流刑植民地であったシベリアのサハリン島に向かい、流刑囚の事情調査を行う。その後1892年にこの時の経験をもとに「六号室」を、また93年から94年にかけて報告記「サハリン島」を書き上げる
1896
戯曲「かもめ」が初めて上演される。以後続けざまに「ワーニャ伯父さん」(1897)、「三人姉妹」(1900-01)、「桜の園」(1903-04)の3本の戯曲が書き上げられる
シリーズ探偵
なし
代表作
【ミステリ】
「狩場の悲劇」「安全マッチ」
【小説】
「たそがれ」(短編集)
「曠野」(長編)
「退屈な話」「犬を連れた奥さん」「中二階のある家」「六号室」(短編)
【戯曲】
「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「桜の園」

■関連リンク■

1 未知谷の刊行物(チェーホフ・コレクション)


■著作リスト■

作品数が多いため文庫と主要な全集に絞って構成してあります

【中央公論社版 チェーホフ全集】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 チェーホフ全集1
 小説(1880-82)
1961 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 A Letter to a Learned Neighbour
隣りの学者への手紙
(学のある隣人への手紙)
1880 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94) 初めての活字発表作品
2 小説の中で、いちばん多く出くわすものは? 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
3 二兎を追う者、一兎を得ず
(二兎を追う者は一兎をも得ず)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
4 女学生ナージェニカの夏休みの宿題
5 パパ 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
6 わたしの記念日
7 千一夜の情熱、あるいはおそろしき一夜
8 For Apples
リンゴのために
(りんごのために)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
9 婚礼の前 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
10 St. Peter's Day
聖ペテロ祭
(聖ペトロ祭)
1881 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
11 体質
12 車内風景 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
13 裁判
14 芸術家の妻
15 The Sinner from Toledoll
トレドの罪人
16 忘れた!! 1882 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
17 疑問符と感嘆符の人生
18 告白、あるいはオーリャ、ジェーニャ、ゾーヤ
19 緑の岬 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
20 逢いびきはしたものの……
(あいびきはしたけれど…)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
21 通信員
22 村の医者
(村の名医たち)
(田舎医者)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
23 An Unnecessary Victory
不必要な勝利
(必要のない勝利)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
24 逃がした魚
(逃した魚は大きい)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
25 いまわしい話
26 六月二十九日
27 三人のうち、どれが……
(三つのうちどれが)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
28 彼と彼女 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
29 定期市 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
30 奥さま ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
31 生きた商品
(生きている商品)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
32 Late Blooming Flowers
咲きおくれた花
(遅れ咲きの花々)
(後れた花)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
2 チェーホフ全集2
 小説(1882-84)
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 首になった 1882
2 失敗した訪問
(ついてない訪問)
1882 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
3 二つのスキャンダル 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
4 牧歌的な─いや、どうして!
(牧歌)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
5 男爵 1882 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
6 善良な知人
(善意の知りあい)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
7 復讐 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
8 経験したこと
9 こらえ切れずペテン師に
(心ならずもペテン師に)
1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
10 ゆがんだ鏡
11 仮装した人びと
12 ロマンス二題
13 喜び 1883 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
14 両刀づかい
15 新聞・雑誌の読者の考え
16 告白
17 唯一の手段 1883
18 《誇大妄想狂》の症例
19 暗い夜
20 催眠術の会 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
21 妻は出て行った 1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
22 弁護士のロマンス 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
23 釘の上に
(釘にかけて)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
24 どっちがよいか
(どっちがいいか)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
25 床屋で ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
26 偏見を持たぬ女
(偏見のない女)
1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
27 感謝する人 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
28 忠告 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
29 コレクション 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
30 詩的なうわごと
31 熱中家
32 雄羊とお嬢さん
33 ぐず ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
34 かぶら
(かぶ)
1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
35 この現実的な時代に
36 勝利者の凱歌 1883
37 かしこい屋敷番
(賢い屋敷番)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
38 馬鹿
(愚か者)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
39 題のつけにくい話
40 兄さん 1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
41 博愛家
42 法廷の一事件
43 雄ばちの参考に
44 謎の性格 1883 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
45 策士
(策を弄する人)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
46 会話
47 恐れと非難を知らぬ騎士たち
(恐怖や非難をものともしない豪傑たち)
1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
48 ねこやなぎ
(柳)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
49 ぬすびと
(泥坊)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
50 行きすぎ四題
51
52 言葉、言葉、また言葉
(言葉、言葉、言葉)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
53 ザクスカ
54 おっかさん弁護士 1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
55 古典科中学生の災難
(古典中学生のこと)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
56 ねこ
(猫)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
57 うぐいすの顔見せ興行
(鶯の顔見せ興行)
1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
58 飛ぶ島 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
59 代表、あるいはどうしてデズデモーノフが二十五ルーブリを失ったかという話
60 英雄的な令夫人
61 どんなふうに私が正式な結婚をしたか
(わたしがどういうふうにして正式な結婚をしたか)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
62 会計係助手の日記から 1883 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
63 おじいさんそっくり 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
64 年に一度 1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
65 小役人の死
(官吏の死)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
66 真相
67 山羊か、ならず者
(山羊またはろくでなし)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
68 意地わるな少年
(悪童)
1883 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
69 嫁入り支度 ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
70 親切な酒場の主人 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
71 アルビヨンの娘
(アルビオンの娘)
ちくま文庫 チェーホフ全集1('94)
72 とりなし
73 照会 1883
74 農奴あがり 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
75 馬鹿女、あるいは退役大尉
(馬鹿女または退役大尉)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
76 マヨネーズ
(マヨネーズあえ)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
77 ランドー馬車で
(幌馬車で)
1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
78
79 恩を忘れぬドイツ人
80 でぶとやせた男
(ふとった人とやせた人)
1883 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
81 悲劇役者
(悲劇俳優)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
82 名誉商人の娘
83 後見人 1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
84 時代の象徴 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
85 郵便局で 1883 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
86 ある娘の日記から
87 At Sea
海で
(海の上)
1883 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
88 駅長 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
89 客間で 1883 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
90 モスクワのトルーブナヤ広場で
(モスクワのトゥルーブナヤ広場で)
ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
91 中傷 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
92 わかってくれた! 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
93 安全マッチ 1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
創元推理文庫100-1「世界短編傑作集1」('60)
東京創元社 世界推理小説全集50「世界短篇傑作集1」('57)
ミステリ短編
94 クリスマスの夜 1883
95 自由主義者
96 勲章 1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
97 七万五千
98 喜劇役者
(喜劇俳優)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
99 女の復讐 1884 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
100 辻御者
101 家庭教師 1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
102 狩場で 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
103 おお、女よ、女よ
(おお、女よ、女!!…)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
104 無邪気な森の精 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
105 探訪記者の夢
(取材記者の夢)
1884 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
106 歌うたい
107 苦情帳 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
108 二つの手紙 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
109 Perpetuum mobile 1884
110 読書 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
111 トリフォン
112 マリヤ・イワーノヴナ
113 魂について思う
(魂についてのいくつかの思い)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
114 誇り高い男
115 奇想天外な考え
3 チェーホフ全集3
 小説(1884-85)
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 アルバム 1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
2 うぬぼれ 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
3 別荘住いの女
(別荘住まいの女)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
4 夫婦喧嘩 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
5 人心の動揺 1884 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
6 ヴォードビル
(ヴォードヴィル)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
7 官等試験
(昇任試験)
ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
8 ロシアの石炭 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
9 外科 1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
10 世間には見えぬ涙
11 カメレオン 1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
12 一難去って……
13 衛生検査
(しかるべき処置)
ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
14 ホイスト
(カルタ遊び)
ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
15 月蝕
16 墓地で 1884
17 雁の会話
18 うかつな口はきけぬもの
19 仮面 1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
20 施療・養老院で
21 演劇について
22 美しきものにも限度は必要
23 勘定ずくの結婚 1884
24 住民諸君
25 訓辞と皮紐
26 病人の枕もとで
27 最新書簡範典
28 かき
(牡蠣)
1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
29 将軍と結婚式
30 リベラリスト
31 恐怖の一夜 1884
32 クリスマス・ツリー
33 不機嫌 1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
34 告示
35 狩場の悲劇
(猟場の悲劇)
1884 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
東都書房 世界推理小説大系5「チェホフ/ドゥーゼ」」('63)
新潮文庫('55)
ミステリ長編
36 祭日の務め
37 一八八四年事件
38 大尉の軍服 1885
39 貴族会長未亡人の邸で
40 生ける年代記
(生き年表)
ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
41 欄外の文章
42 人間と犬の会話
43 風呂屋で 1885
1883
44 駈けだし作家の心得
(駆けだし作家の心得)
1885 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
45 雑魚
46 祭日手当て
47 いずれ劣らぬ
48 〔報告〕
49 絶望した男 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
50 暇つぶし
(ひまつぶし)
1885 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
51 素晴しきかな人生!
52 ソコーリニキの遊歩場で
53 最後のモヒカン女 1885
54 アパートで
55 あれや、これや
(あれやこれや)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
56 外交官
(外交家)
ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
57 欲張りの巣 1885
4 チェーホフ全集4
 小説(1885-86)
1960 中央公論社(新装版)
中央公論社
1 官制廃止! 1885
2 ダルゴムィシスキイのこと
3 財布 1885
4 おどし
5 からす 1885
6 ばかげた話
7 長靴 1885 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
8 私の《彼女》
(わたしの「彼女」)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
9 神経
10 別荘の人びと ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
11 魚の問題
12 階段を上へ
13 番人つきの番人 1885
14 私の妻たち
15 間抜けなインテリ 1885
16 理想主義者の思い出から
17 仮病つかいの群 1885
18 かわめんたい(ナリーム)
(川めんたい)
ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
19 薬局で
20 馬のような苗字
(馬のような字)
1885 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
21 運がない!
22 道に迷った人びと 1885
23 お抱え猟師
(おかかえ猟師)
ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
角川文庫「結婚申込み 他四篇」('57)
24 必要かくべからざる序文
25 わるもの
(悪党)
1885 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
26 車中で
27 お婿さんとパパ
28 1885
29 思想家 ちくま文庫 チェーホフ全集2('94)
30 馬と、おののく鹿
31 敏腕家
32 溺死人
33 のらくら者 1885
34 一家の父
35 村老
36 死体 1885
37 女の幸福 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
38 料理女の結婚
(料理女の嫁とり)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
39
40 顔見せ興行のあとで
41 結婚シーズンに
42 一般的教養
(一般教養)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
43 下士官プリシベーエフ
(下士プリシベェフ)
1885 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
角川文庫「結婚申込み 他四篇」('57)
44 ふたりの新聞記者
45 精神病者たち 1885
46 異国で
47 七面鳥
48 睡魔 1885
49 アルコール中毒の妙薬
50 コントラバスとフルート
51 結婚希望者への手引
52 ニーノチカ
53 高価な犬 1885
54 文士 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
55 舞踏会の音楽師
56 塩がききすぎた
(薬がききすぎた)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
57 職なし
58 十年─十五年後の結婚
59 老年 1885 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
60 悲しみ ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
61 実際、乗客というものは!
62 ぼろきれ
63 神々しき単純さ
64 袋の中の錐 1885
65 シニック
66 マリ・デル 1885
67 長椅子の下の劇場主
68
69 感歎符 1885
70
71 新年の受難者たち 1886
72 シャンパン
73 芸術 1886
74 墓場の一夜
75 コンクール
76 失敗 1886
77 初舞台
78 子供たち
(子どもたち)
1886 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
79 電話のそばで
80 発見 1886
81 ふさぎの虫 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
82 公判の前夜
83 大さわぎ ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
84 最大の町
85 酔いどれとしらふの悪魔の会話
86 役者の最期 1886
5 チェーホフ全集5
 小説(1886)
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 追善供養 1886 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
2 おろかなフランス人
(愚かなフランス人)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
3 アニュータ ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
岩波文庫「六号病棟・退屈な話 他五篇」('09)
4 無常について
5 大物
6 イワン・マトヴェーイチ
7 魔女 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
8 毒素
9 結末のない話
10 たわむれ
(いたずら)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
未知谷 チェーホフ・コレクション('06)
講談社文芸文庫たいくつな話・浮気な女」('00)
11 アガーフィヤ ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
12 郵便局長とわたしの会話
13
14 パリへ ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
15
16 大量の紙
17 悪夢 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
18 白嘴ガラス
19 河で
20 グリーシャ
21
22 女性論
23 聖夜 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
24 奥さま族
25 強烈な感覚
26 ボーイ・フレンド
27 幸福な男
28 三等官 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
29 郊外の一日
30 女子高校で
31 別荘で
32 退屈なあまり
33 生のわびしさ
34 コントラバス物語
35 恐怖 新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
36 薬剤師の妻
37 余計者
38 由々しい事態
39 コーラス・ガール ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
講談社文芸文庫たいくつな話・浮気な女」('00)
角川文庫「結婚申込み 他四篇」('57)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
40 教師
41 物騒な客
42 貴重な存在
43 他人の不幸 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
44 お前とあなた
45
46 不幸 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
47 ピンクのストッキング
(ピンク・ストッキング)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
48 受難者たち
49 一等車の客 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
50 天才
(才能)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
51 居候ども
(穀つぶし)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
52 二枚目
53 闇にまぎれて
54 むなしい機会
(むなしいこと)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
55 見上げた男
56 よく廻る舌
(長い舌)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
57 小波瀾
(浮世の小事)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
58 重苦しい人々
(重苦しい人びと)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
59 復讐 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
6 チェーホフ全集6
 小説(1886-87)
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 裁判
(法廷で)
1886 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
2 泣き言
3 申しこみ 1886 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
4 変り者
(変人)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
5 わたしの家庭訓
6 泥沼 1886 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
7 アパートの住人
8 不吉な夜
9 コロス
10 しいッ
(しいっ!)
1886 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
11
(夢想)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
12 水車小舎で
13 善人たち 1886
14 大事件
(事件)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
15 劇作家 新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
16 雄弁家 1886 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
17 不幸
18 注文原稿
19 芸術品
(美術品)
1886 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
20 記念晩餐会
21 だれの罪か
22 ワーニカ
(ワーニヤ)
1886 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
23 旅中
(旅路)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
24 実は彼女だった
(じつは彼女だった!)
ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
25 新年の責苦
26 シャンパン 1887
27 極寒
(酷寒)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集2」('09)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ2」('07)
28 乞食 ちくま文庫 チェーホフ全集3('94)
29 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「六号病棟・退屈な話 他五篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
30 お人よしのドイツ人
31 この世の闇
(暗黒)
1887 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
32 ポーリンカ
(ポーリニカ)
新潮文庫「チェーホフ・ユモレスカ 傑作短編集1」('08)
新潮社「チェーホフ・ユモレスカ」('06)
33 酔いどれ
(酔いどれたち)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
34 不注意
35 ヴエーロチカ
(ヴェーロチカ)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
新潮文庫「六号室・犬を連れたマダム」('52)
36 大斎期の前夜
(大斎期)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
37 かよわき女性
38 不気味なできごと
39 家で
(家庭で)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
40 富籖
(あたりくじ)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
41 早すぎた!
42 ある邂逅
43 チフス 1887 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「六号病棟・退屈な話 他五篇」('09)
44 お気の毒
(浮世の災難)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
45 四旬節
(キリスト受難期間)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
46 神秘
(不思議)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
47 コサック
48 手紙 1887
49 大蛇と兎
50
51 批評家
52 ある事件 1887 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
53 予審判事 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
54 家主
55 ウォローヂャ
(ヴォロージャ)
1887 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
7 チェーホフ全集7
 小説(1887-88)
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 幸福 1887 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
2 悪天候 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
3 ドラマ ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
4 ざらにある話
5 応急手当
6 不愉快な話
7 不埒な……
(不倫)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
8 短気者の手記から ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
9 コゴメナデシコ
(根なし草)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
10
11 めでたい結末
(めでたしめでたし)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
12 馬車小舎で
(馬車小屋で)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
13 悪党たち ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
14 日蝕を前にして
(日食の前)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
15 ジーノチカ ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
16 ドクトル
17 誘惑 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
18 芦笛
(牧笛)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
19 復讐の鬼
(復讐者)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
20 郵便馬車
21 結婚式
22 脱走者 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「六号病棟・退屈な話 他五篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
23 大問題
24 陰謀
(悪だくみ)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
25 古い家 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
26 冷たい血
(冷たい性格)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
27 金のかかる授業
(金のかかるレッスン)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
28 ライオンと太陽
29 災厄
30 接吻
(くちづけ)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
岩波文庫「接吻・可愛い女」('33)
31 少年たち ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
未知谷 チェーホフ・コレクション('06)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
32 カシタンカ
(小犬のカシタンカ)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
新風舎「小犬のカシタンカ」('06)
未知谷 チェーホフ・コレクション('04)
33 ある令嬢の話 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
34 無題 1888 ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
35 ねむい
(眠い)
ちくま文庫 チェーホフ全集4('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
36 曠野(ステップ)
(大草原)
ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
新潮文庫「わが生活・大草原」('54)
最初の長編
8 チェーホフ全集8
 小説(1888-91)
1960 中央公論社(新装版)('75)
中央公論社
1 不快なできごと
(不愉快)
1888 ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
2 ともしび ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
福武文庫「チェーホフ短篇集」('88)
3 美女 ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
4 名の日の祝い ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
5 発作 ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
新潮文庫「六号室・犬を連れたマダム」('52)
6 靴屋と悪魔 ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
7 かけ
(賭け)
1889 ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
8 公爵夫人 ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
9 退屈な話
(たいくつな話)
ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
岩波文庫「六号病棟・退屈な話 他五篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
講談社文芸文庫たいくつな話・浮気な女」('00)
岩波文庫「退屈な話・六号病室」('63)
10 泥棒たち
(盗賊たち)
(泥棒)
1890 ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
新潮文庫「シベリヤの旅 他三篇」('54)
11 グーゼフ ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
新潮文庫「シベリヤの旅 他三篇」('54)
12 女房ども
(女たち)
1891 ちくま文庫 チェーホフ全集5('93)
13 決闘 ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
新潮文庫「決闘・黒衣の僧」('72)
新潮文庫「決闘・谷間」('54)
岩波文庫「決闘・妻」('36)
9 チェーホフ全集9
 小説(1892-94)
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 1892 ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
新潮文庫「決闘・谷間」('54)
岩波文庫「決闘・妻」('36)
2 浮気な女
(気まぐれ女)
ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
講談社文芸文庫たいくつな話・浮気な女」('00)
3 芝居のあとで
(芝居はかねて)
ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
4 断章 ちくま文庫 チェーホフ全集6('94) ユーモア・コント
5 ある大商人の話
(ある商店の歴史)
ちくま文庫 チェーホフ全集6('94) ユーモア・コント
6 追放されて
(流刑地で)
(流刑地にて)
1892 ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
新潮文庫「シベリヤの旅 他三篇」('54)
7 退職老教師のノートから
(老教師の手帳から)
ちくま文庫 チェーホフ全集6('94) ユーモア・コント
8 魚の恋 ちくま文庫 チェーホフ全集6('94) ユーモア・コント
9 隣人たち
(隣人)
1892 ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
10 六号室
(六号病棟)
(六号病室)
ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
岩波文庫「六号病棟・退屈な話 他五篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
福武文庫「チェーホフ短篇集」('88)
岩波文庫「退屈な話・六号病室」('63)
新潮文庫「六号室・犬を連れたマダム」('52)
11 恐怖
(恐れ)
ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
12 黒名氏の話
(無名氏の話)
1893 ちくま文庫 チェーホフ全集6('94)
13 大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
14 黒衣の僧 1894 ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
岩波文庫「六号病棟・退屈な話 他五篇」('09)
新潮文庫「決闘・黒衣の僧」('72)
15 女の王国 ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
16 ロスチャイルドのバイオリン ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
未知谷 チェーホフ・コレクション('05)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
17 大学生
(学生)
ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
岩波文庫「子どもたち・曠野 他十篇」('09)
未知谷 チェーホフ・コレクション('05)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
10 チェーホフ全集10
 小説(1894-97)
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 文学教師
(国語の教師)
1894 ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
2 地主屋敷で ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
3 園丁主任の話
(園丁頭の話)
ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
4 三年 1895 ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
5 奥さん
(つれあい)
ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
6 おでこの白い仔犬
(白でこ坊)
(おでこの子犬)
ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
新風舎「小犬のカシタンカ」('06)
7 頸の上のアンナ
(頸にかけたアンナ)
ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
8 殺人 ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
9 アリアドナ
(アリアードナ)
ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
岩波文庫「カシタンカ・ねむい 他七篇」('08)
講談社文芸文庫たいくつな話・浮気な女」('00)
10 中二階のある家 1896 ちくま文庫 チェーホフ全集7('94)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
未知谷 チェーホフ・コレクション('04)
新潮文庫「かわいい女・犬を連れた奥さん」('70)
岩波文庫「中二階のある家・わが生活」('59)
11 わが人生
(わが生活)
ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
岩波文庫「中二階のある家・わが生活」('59)
新潮文庫「わが生活・大草原」('54)
12 百姓たち 1897 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
13 ペチェニェーグ人
(ペチェネーグ人)
ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
11 チェーホフ全集11
 小説(1897-1903) 戯曲1
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
小説(1897-1903)
1 生まれ故郷で 1897 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
2 荷馬車で ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
3 知人の家で
(知人のところで)
ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
4 箱にはいった男
(箱にはいった男)
(箱の中の男)
1898 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
5 すぐり ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
未知谷 チェーホフ・コレクション('06)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
福武文庫「チェーホフ短篇集」('88)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
6 恋について ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
福武文庫「チェーホフ短篇集」('88)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
7 イオーヌィチ
(イオーヌイチ)
(ヨヌイチ)
ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
新潮文庫「かわいい女・犬を連れた奥さん」('70)
岩波文庫「可愛い女・犬を連れた奥さん 他一編」('67)
新潮文庫「六号室・犬を連れたマダム」('52)
8 往診中の一事件
(往診中のこと)
(診療中の出来事)
ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
新潮文庫「かわいい女・犬を連れた奥さん」('70)
9 可愛い女
(かわいい女)
1899 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
未知谷 チェーホフ・コレクション('06)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
福武文庫「チェーホフ短篇集」('88)
新潮文庫「かわいい女・犬を連れた奥さん」('70)
岩波文庫「可愛い女・犬を連れた奥さん 他一編」('67)
岩波文庫「接吻・可愛い女」('33)
10 新しい別荘 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
11 職務の用事で
(役目がら)
ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
12 犬を連れた奥さん
(犬を連れたマダム)
ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
福武文庫「チェーホフ短篇集」('88)
新潮文庫「かわいい女・犬を連れた奥さん」('70)
岩波文庫「可愛い女・犬を連れた奥さん 他一編」('67)
新潮文庫「六号室・犬を連れたマダム」('52)
13 クリスマス週間 1900 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
14 谷間 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
新潮文庫「かわいい女・犬を連れた奥さん」('70)
新潮文庫「決闘・谷間」('54)
15 僧正 1902 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
16 いいなずけ
(許嫁)
1903 ちくま文庫 チェーホフ全集8('93)
岩波文庫「ともしび・谷間 他七篇」('09)
水声社「チェーホフ小説選」('04)
新潮文庫「かわいい女・犬を連れた奥さん」('70)
新潮文庫「恐怖・くちづけ」('54)
17 もつれた償い 1905 未完、没後発表
18 手紙 未完、未発表作品
戯曲1
1 白鳥の歌 1887 ちくま文庫 チェーホフ全集9('94)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
角川文庫「熊 他二篇」('55)
2 1888 ちくま文庫 チェーホフ全集10('94)
光文社古典新訳文庫「桜の園/プロポーズ/熊」('12)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
角川文庫「熊 他二篇」('55)
新潮文庫「桜の園・熊」('52)
創元推理文庫「三人姉妹・熊」('52)
一幕劇
3 プロポーズ
(結婚申しこみ)
(結婚申込み)
1889 ちくま文庫 チェーホフ全集10('94)
光文社古典新訳文庫「桜の園/プロポーズ/熊」('12)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
角川文庫「結婚申込み 他四篇」('57)
新潮文庫「三人姉妹・結婚申込み」('52)
4 心ならずも悲劇の主に
(心ならずも悲劇の人に)
ちくま文庫 チェーホフ全集10('94)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
5 披露宴
(結婚披露宴)
ちくま文庫 チェーホフ全集10('94)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
6 創立記念祭 1891 ちくま文庫 チェーホフ全集10('94)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
7 タバコの害について
(煙草問答)
1903 ちくま文庫 チェーホフ全集11('93)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
角川文庫「結婚申込み 他四篇」('57)
12 チェーホフ全集12
 戯曲2
1960 中央公論社(新装版)('75)
中央公論社
1 Ivanoff
イワーノフ
1887 ちくま文庫 チェーホフ全集9('94)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
角川文庫('54)
最初の戯曲
1889年改作
2 The Sea Gull
かもめ
1896 ちくま文庫 チェーホフ全集11('93)
集英社文庫('12)
岩波文庫(新訳版)('10)
新読書社('06)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
群像社 ロシア名作ライブラリー4('02)
白水uブックス('98)
新潮文庫「かもめ・ワーニャ伯父さん」('56)
河出文庫('55)
角川文庫('53)
三笠文庫('52)
創元推理文庫「かもめ・伯父ワーニャ」('52)
岩波文庫('52)
3 Uncle Vanya
ワーニャ伯父さん
(ワーニャおじさん)
(伯父ワーニャ)
(ヴァーニャ伯父さん)
(ヴァーニャ伯父)
1897 ちくま文庫 チェーホフ全集11('93)
光文社古典新訳文庫「ワーニャ伯父さん/三人姉妹」('09)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
白水uブックス('99)
而立書房('99)
新潮文庫「かもめ・ワーニャ伯父さん」('56)
河出文庫('56)
三笠文庫('52)
創元推理文庫「かもめ・伯父ワーニャ」('52)
岩波文庫('51)
河出書房('52)
「森の主」の改作
4 The Three Sisters
三人姉妹
1901 ちくま文庫 チェーホフ全集11('93)
光文社古典新訳文庫「ワーニャ伯父さん/三人姉妹」('09)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
群像社 ロシア名作ライブラリー5('04)
白水uブックス('99)
而立書房('99)
角川文庫「三人姉妹・桜の園」('68)
新潮文庫「桜の園・三人姉妹」('67)
旺文社文庫「桜の園・三人姉妹」('66)
河出文庫('56)
新潮文庫「三人姉妹・結婚申込み」('52)
創元推理文庫「三人姉妹・熊」('52)
岩波文庫('50)
5 The Cherry Orchard
桜の園
1904 ちくま文庫 チェーホフ全集11('93)
光文社古典新訳文庫「桜の園/プロポーズ/熊」('12)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
白水uブックス('98)
角川文庫「三人姉妹・桜の園」('68)
新潮文庫「桜の園・三人姉妹」('67)
旺文社文庫「桜の園・三人姉妹」('66)
新潮文庫「桜の園・熊」('52)
岩波文庫('50)
6 The Wood Demon
森の主
(森の精)
1889 ちくま文庫 チェーホフ全集10('94)
13 チェーホフ全集13
 シベリヤの旅、サハリン島
1961 中央公論社(新装版)('77)
中央公論社
1 シベリヤの旅 1890 ちくま文庫 チェーホフ全集12('94)
新潮文庫「シベリヤの旅 他三篇」('54)
2 サハリン島 1893 ちくま文庫 チェーホフ全集12('94)
岩波文庫(上下)('53)
14 チェーホフ全集14
 戯曲3・小説補遺・手帖・日記
1960 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
戯曲3
1 プラトーノフ
(父なし子)
1923 ちくま文庫 チェーホフ全集9('94)
2 街道筋
(街道すじ)
1914 ちくま文庫 チェーホフ全集9('94)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
3 タチャーナ・レーピナ
(タチヤーナ・レーピナ)
1924 ちくま文庫 チェーホフ全集10('94)
水声社「チェーホフ戯曲選」('04)
4 公判の前夜 189? 同名短編(全集4)の戯曲化
1890年代中頃の作品
5 タバコの害について 1889 同名戯曲(全集11)の改稿前のテキスト
小説補遺
1 アメリカ流 1880
2 結婚シーズン 1881
3 占いをする人々 1882
4 しゃべるのがよいか、沈黙がよいか 1884
5 帽子の季節 1885
6 メモ
手帖・日記
1 手帖第I 1891

1904
新潮文庫「チェーホフの手帖」('58)
創元選書('46)
創元社('39)
芝書店('34)
2 手帖第II 1892

1897
3 手帖第III 1897

1904
4 紙片によるメモ
5 日記
15 チェーホフ全集15
 書簡1
1961 中央公論社(新装版)('76)
中央公論社
1 妻への手紙 1924 岩波文庫(上下)('55)
創元選書(上下)('46)
創元社(2冊)('39-40)
E・N・コーンシナ編
16 チェーホフ全集16
 書簡2
1961 中央公論社(新装版)('77)
中央公論社
1 修業時代の手紙 1876

1887
2 出版者への手紙 1888

1889
3 サハリン島旅行の手紙 1890
4 メリホヴォ時代の手紙 1891

1899
5 ゴーリキイへの手紙 1898

1903
6 芸術座への手紙 1898

1903
7 チェーホフの生活 池田健太郎著
伝記

【ちくま文庫 チェーホフ全集】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 チェーホフ全集1 1994 ちくま文庫 学のある隣人への手紙
りんごのために
聖ペトロ祭
忘れた!!
緑の岬
彼と彼女
定期市
奥さま
必要のない勝利
生きている商品
遅れ咲きの花々
喜び
催眠術の会
床屋で
釘にかけて
ぐず
謎の性格

泥坊
言葉、言葉、言葉
古典中学生のこと

会計係助手の日記から
官吏の死
悪童
嫁入り支度
アルビオンの娘
2 チェーホフ全集2 ちくま文庫 安全マッチ
モスクワのトゥルーブナヤ広場で
ふとった人とやせた人
郵便局で
海の上
勲章
家庭教師
二つの手紙
アルバム
昇任試験
外科
カメレオン
しかるべき処置
カルタ遊び
仮面
牡蠣
不機嫌
生き年表
ひまつぶし
狩場の悲劇
外交家
長靴
別荘の人びと
川めんたい
馬のような字
思想家
おかかえ猟師
悪党
3 チェーホフ全集3 ちくま文庫 下士官プリシベーエフ
女の幸福
料理女の嫁とり
文士
薬がききすぎた
老年
悲しみ
子どもたち
ふさぎの虫
大さわぎ
アニュータ
追善供養
魔女
いたずら
アガーフィヤ
パリへ!
悪夢
聖夜
三等官
コーラス・ガール
他人の不幸
不幸
ピンク・ストッキング
一等車の客
才能
穀つぶし
むなしいこと
長い舌
浮世の小事
重苦しい人びと
復讐
法廷で
泥沼
夢想
しいっ!
事件
雄弁家
美術品
旅路
ワーニヤ
じつは彼女だった!
乞食
4 チェーホフ全集4 ちくま文庫
暗黒
酔いどれたち
ヴェーロチカ
大斎期
悪だくみ
家で
あたりくじ
チフス
浮世の災難
キリスト受難期間
不思議
ある事件
予審判事
ヴォロージャ
幸福
悪天候
ドラマ
不倫
根なし草
めでたしめでたし
馬車小屋で
悪党たち
日食の前
短気者の手記から
ジーノチカ
誘惑
牧笛
復讐者
脱走者
古い家
冷たい性格
金のかかるレッスン
くちづけ
少年たち
カシタンカ
ある令嬢の話
無題
眠い
5 チェーホフ全集5 1993 ちくま文庫 曠野
ともしび
不愉快
美女
名の日の祝い
発作
靴屋と亜魔
賭け
公爵夫人
やむをえぬ申請書 ?
退屈な話
盗賊たち
グーセフ
女たち
6 チェーホフ全集6 1994 ちくま文庫 決闘

モスクワで ?
気まぐれ女
芝居がはねて
断章
ある商店の歴史
老教師の手帳から
流刑地で
魚の恋
隣人たち
六号室
恐れ
無名氏の話
7 チェーホフ全集7 ちくま文庫 大ヴォロージャと小ヴォロージャ
黒衣の僧
女の王国
ロスチャイルドのヴァイオリン
学生
国語の教師
地主屋敷で
園丁頭の話
三年
つれあい
白でこ坊
アリアードナ
殺人
頸にかけたアンナ
中二階のある家
8 チェーホフ全集8 1993 ちくま文庫 わが生活
百姓たち
生まれ故郷で
ペチェネーグ人
荷馬車で
知人のところで
イオーヌイチ
箱にはいった男
すぐり
恋について
往診中のこと
役目がら
かわいい女
新しい別荘
犬をつれた奥さん
谷間
クリスマス週間
僧正
いいなずけ
9 チェーホフ全集9 1994 ちくま文庫 父なし子
街道すじ
白鳥の歌
イワーノフ
10 チェーホフ全集10 ちくま文庫
結婚申しこみ
イワーノフ
タチヤーナ・レーピナ
心ならずも悲劇の人に
結婚披露宴
森の精
創立記念祭
11 チェーホフ全集11 1993 ちくま文庫 かもめ
ワーニャおじさん
三人姉妹
タバコの害について
桜の園
12 チェーホフ全集12 1994 ちくま文庫 シベリアの旅
サハリン島

【アンソロジー(岩波文庫)】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 接吻・可愛い女 1933 岩波文庫
2 シベリヤの旅 他三篇 1934 岩波文庫 収録作品不明
3 決闘・妻 1936 岩波文庫
4 喜び・仮面 他二十八篇 1951 岩波文庫 収録作品不明
5 中二階のある家・わが生活 1959 岩波文庫
6 六号病棟・退屈な話 他五篇
(退屈な話・六号病室)
1963 岩波文庫(新版)('09)
岩波文庫
脱走者
チフス
アニュータ

黒衣の僧
六号病棟
退屈な話
7 可愛い女・犬を連れた奥さん 他一編 1967 岩波文庫(改版)('04)
岩波文庫
犬を連れた奥さん
イオーヌィチ
可愛い女
8 カシタンカ・ねむい 他七篇 2008 岩波文庫 嫁入り支度
かき
小波瀾
富籤
少年たち
カシタンカ
ねむい
大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ
アリアドナ
9 子どもたち・曠野 他十篇 2009 岩波文庫 子どもたち
いたずら
聖夜
ワーニカ
実は彼女だった!
ヴェーロチカ
家庭で
幸福
賭け
ロスチャイルドのヴァイオリン
学生
曠野
10 ともしび・谷間 他七篇 2009 岩波文庫 美女
ともしび
気まぐれ女
箱に入った男
すぐり
恋について
谷間
僧正
いいなずけ

【アンソロジー(新潮文庫)】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 灯火・浮気 1952 新潮文庫 灯火 他9篇
2 三人姉妹・結婚申込み 新潮文庫
3 桜の園・熊 新潮文庫
4 六号室・犬を連れたマダム 新潮文庫 犬を連れたマダム
ヨヌイチ
発作
ヴェーロチカ
六号室
5 賭・可愛い女 1953 新潮文庫 賭 他8篇
6 わが生活・大草原 1954 新潮文庫 わが生活
大草原
7 恐怖・くちづけ 新潮文庫 恐怖
くちづけ
隣人
コーラスガール
大ウォローヂャと小ウォローヂャ
箱の中の男
すぐり
恋について
許嫁
後れた花
8 決闘・谷間 新潮文庫
決闘
谷間
9 シベリヤの旅 他三篇 新潮文庫 泥棒
グーセフ
流刑地にて
シベリヤの旅
10 かもめ・ワーニャ伯父さん 1956 新潮文庫(新版)('04)
新潮文庫(改版)('67)
新潮文庫
11 桜の園・三人姉妹 1967 新潮文庫
12 かわいい女・犬を連れた奥さん 1970 新潮文庫(改版)('05)
新潮文庫
7編
13 決闘・黒衣の僧 1972 新潮文庫

【アンソロジー(角川文庫)】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 生れ故郷で 他十一篇 1951 角川文庫 収録作品不明
2 女の幸福 他十二篇 1952 角川文庫 収録作品不明
3 熊 他二篇 1955 角川文庫 路上 ?
白鳥の歌
4 結婚申込み 他四篇 1957 角川文庫 結婚申込み
おかかえ猟師
コーラス・ガール
下士プリシベェフ
煙草問答
5 三人姉妹・桜の園 1968 角川文庫

【アンソロジー(新潮社 チェーホフ・ユモレスカ)】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 チェーホフ・ユモレスカ
 傑作短編集1
2006 新潮文庫('08)
新潮社
本邦初訳14編含む全65編(単行本は64編)
1 ヴァライエティ・ショールーム 1881
2 猟犬の狼猟訓練場で 1882
3 春を迎える
4 現代的祈り 1883
5 質問と答
6 十字架
7 フィラデルフィア自然研究者大会
8 二、三のこと
9 『ロシア外来語三千語集』のうち
10 簡約人体解剖学
11 女性法律顧問
12 一八八四年と人類との契約書 1884
13 統計 1886
14 人間
2 チェーホフ・ユモレスカ
 傑作短編集2
2007 新潮文庫('09)
新潮社
本邦初訳8編含む全49編
1 よもやま話
(あれやこれや)
1881
2 新しい病気と古い薬 1883
3 旧年、一八八三年の遺言状 1884
4 長い思索の結果
5 別荘地の掟
6 取材記者への手紙
7 理想の試験
8 定期市の「決算」
3 チェーホフ・ユモレスカ3 2008 新潮社

【アンソロジー(光文社)】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 ワーニャ伯父さん/三人姉妹 2009 光文社古典新訳文庫
2 桜の園/プロポーズ/熊 2012 光文社古典新訳文庫

【アンソロジー(その他)】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 桜の園・三人姉妹 1966 旺文社文庫
2 チェーホフ短篇集 1988 福武文庫 ともしび
六号室
すぐり
恋について
可愛い女
犬を連れた奥さん
3 チェーホフの言葉 1997 弥生書房 人生の知恵7 美・愛・幸福
恋愛と結婚
人生について
人間について
心について
生と死・信仰
勤労・社会
芸術について
4 たいくつな話・浮気な女 2000 講談社文芸文庫 たいくつな話
浮気な女
アリアドナ
殻にはいった男 ?
たわむれ
コーラス・ガール
5 チェーホフ短篇と手紙 2002 みすず書房 大人の本棚 詳細不明
6 チェーホフ小説選 2004 水声社 おかかえ猟師
子どもたち
ふさぎの虫
アガーフィヤ
聖夜
ワーニカ

家庭で
幸福
牧笛
脱走者
くちづけ
少年たち
曠野
美女
退屈な話
気まぐれ女
六号室
ロスチャイルドのヴァイオリン
学生
頸にかけたアンナ
中二階のある家
箱にはいった男
すぐり
恋について
かわいい女
犬を連れた奥さん
谷間
いいなずけ
7 チェーホフ戯曲選 水声社 街道すじ
白鳥の歌

結婚申しこみ
イワーノフ
タチヤーナ・レーピナ
心ならずも悲劇の人に
結婚披露宴
創立記念祭
かもめ
ワーニャおじさん
三人姉妹
タバコの害について
桜の園
8 小犬のカシタンカ 2006 新風舎 小犬のカシタンカ
おでこの子犬
9 チェーホフ短篇集 2009 ちくま文庫 全12編
10 馬のような名字 チェーホフ傑作選 2010 河出文庫 全18編
11 新訳 チェーホフ短篇集 集英社 全13編
12 チェーホフ集 結末のない話 ちくま文庫 全51編

【研究書】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 チェーホフ自身によるチェーホフ 未知谷 チェーホフ・コレクション('10) ソフィ・ラフィット著

access-rank

Loading

TOPへ戻る

Powered by Google