自らの経験をもとにリアリティーのあるスパイ小説を多数発表

UK ジョン・ル・カレ
(John le Carrè)

寒い国から帰ってきたスパイ
「寒い国から帰ってきたスパイ」
(1963年)
(早川書房)

 スパイ小説の大家。イギリスのパブリック・スクールでの教育を嫌い16歳の時にスイスのハイスクールに移り、更に同じくスイスのベルン大学でドイツ語を学びます。

 そしてイートン校で教鞭をとった後その語学力を活かしてウィーンを拠点としていた英国情報部で活躍。その後父親の希望でイギリスに戻りオックスフォード大学で法律を学んだ後、1961年からは外務省書記官となり西ドイツのボンに赴任。それから1963年から2年間ハンブルク領事に就任します。

 1961年、まだ外交官の仕事に従事していたル・カレは、職務の傍ら朝5時から8時の間を利用して執筆活動にも手を初め、自らの職務経験を活かして処女作「死者にかかってきた電話」で作家デビューを果たします。

 そしてその次に発表された第2作の本格ミステリ「高貴なる殺人」がアメリカの演芸関係雑誌〈ショー〉の編集長の目に留まり新作の執筆を依頼されます。そうして〈ショー〉紙に1962年の10月から連載されたのが名作として名高い「寒い国から帰ってきたスパイ」で、この作品で高い評価を勝ち取り一躍一流作家としての地位を確立します。

ナイロビの蜂
「ナイロビの蜂」
(2001年)
(集英社)

 以後これらの作品でも活躍した初老のスパイジョージ・スマイリーを主人公とする三部作など、リアルな人間観察によって生命や感情をも抹殺し尽くす冷戦下の諜報戦を克明に描いた秀作を立て続けに発表し、その地位を不動のものとしました。

 自らの経験を活かして書かれたスパイ小説だけに、そのリアリティーの高さでは他の追随を許さないものがあります。

 1984年アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞巨匠賞、1988年、イギリス推理作家協会(CWA)賞ダイヤモンド・ダガー賞を受賞しています。


■作家ファイル■

本名
デイヴィッド・ジョン・ムア・コーンウェル (David John Moore Cornwell)
出身地
イギリス、ドーセットシャー州プール生まれ
学歴
スイスのベルン大学、オックスフォード大学卒
生没
1931年10月19日〜
作家としての経歴
1961
ヴィクター・ゴランツ社より「死者にかかってきた電話」を発表し作家デビュー。同作でイギリス推理作家協会(CWA)賞のシルヴァー・ダガー賞を受賞
1963
「寒い国から帰ってきたスパイ」でアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞の最優秀長編賞('65)と英国推理作家協会(CWA)賞ゴールド・ダガー賞('63)を受賞
1977
「スクールボーイ閣下」でイギリス推理作家協会(CWA)賞ゴールド・ダガー賞を受賞
1984
アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞巨匠賞を受賞
1988
イギリス推理作家協会(CWA)賞ダイヤモンド・ダガー賞を受賞
シリーズ探偵
ジョージ・スマイリー (George Smiley)
代表作
【ジョージ・スマイリー】
「寒い国から帰ってきたスパイ」「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」
「スクールボーイ閣下」「スマイリーと仲間たち」
【その他】
「ナイロビの蜂」
ランキング
EQアンケート39位
ハヤカワベスト100・11位

■関連リンク■

1 ジョン・ル・カレ公式サイト


■著作リスト■

1 ジョージ・スマイリー登場作品リスト

2 その他の作品

【長編】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 A Small Town in Germany
ドイツの小さな町
1968 早川文庫 NV571・572
早川書房('74)
2 The Naive and Sentimental Lover 1971 -
3 リトル・ドラマー・ガール
(誘拐部隊)
1983 早川文庫 NV641・642
早川書房('83)
プレイボーイ'83.8(抄訳)
4 パーフェクト・スパイ 1986 早川文庫 NV743・744
早川書房(上下)('87)
5 The Russia House
ロシア・ハウス
1989 早川文庫 NV797・798
早川書房(上下)('90)
6 ナイト・マネジャー 1993 早川文庫 NV877・878
早川書房(上下)('94)
7 われらのゲーム 1995 早川文庫 NV916
早川書房('96)
8 The Tailor of Panama
パナマの仕立屋
1996 集英社('99) 映画化('01)
9 Single and Single
シングル&シングル
1999 集英社('00)
10 ナイロビの蜂 2001 集英社文庫(上下)('03) 映画化('06)
アカデミー賞助演女優賞
11 サラマンダーは炎のなかに 2003 光文社文庫(上下)('08)
12 The Mission Song
ミッション・ソング
2006 光文社文庫('11)
13 A Most Wanted Man 2008 -
14 Our Kind of Traitor
われらが背きし者
2010 岩波書店('12)

【邦訳短編】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 Bread on the Waters
水の上のパン
1965 HMM'82.1
2 Dare I Weep, Dare I Mourn?
ベンツに乗った商人
1967 HMM'67.10
3 A Writer and a Gentleman
作家と紳士
1969 EQ'97.9

【短編集】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 Dare I Weep, Dare I Mourn? 1967 -
2 What Ritual is Being Observed Tonight? 1968 -
3 The King Who Never Spoke 2009 -

【映画脚本】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 End of the Line 1970 -
2 A Murder of Quality
(高貴なる殺人)
1991 - スマイリーものの映画化
3 The Tailor of Panama
テイラー・オブ・パナマ
2001 - アンドリュー・デイビス&ジョン・ブアマンとの合作

【ノンフィクション】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 The Unbearable Peace 1991 -
2 Not One More Death 2006 - Richard Dawkins&Brian Eno&Michel Faber&Harold Pinter&Haifa Zanganaとの合作

【エッセイ・評論その他】

No. 事件名 発表年 邦訳 備考
1 Kim Philby
キム・フィルビー
HMM'87.7 エッセイ
2 驕れる大国アメリカの末路 文藝春秋'03.4 エッセイ

access-rank

Loading

TOPへ戻る

Powered by Google